自身の世界観を実現する
自身の世界観を実現する

自身の世界観を実現する

尽きることのない創造性を生み出すソリューションを活用し、革新的なデザインを実現しましょう。

役割別にソリューションを探す
プラットフォーム別にソリューションを探す

結果がありません

この件に関するソリューションがないようです。結果が得られるようにフィルタを調整するか、ライフサイクルの別のページをお探しください。

Google Maps Platform

Google Maps Platform で現実世界を舞台に臨場感あるゲームを作成

Google Maps Platform で魅力あふれる充実したゲームを開発し、世界中の実際の場所にプレーヤーを誘いましょう。

ニューヨークから東京に至るまで、建物の 3D 表示、道路、ランドマーク、公園の 1 億件を超える情報を含め、質の高いデータを利用してゲームを構築できます。

Google Maps の世界中のインフラとサーバーを土台とすることで、応答速度を速め、オンデマンドでスケーリングできるようになります。

Playable Locations API

ゲームプレイを現実世界に投影

位置情報ベースのゲームで実際の地理的位置に簡単にアクセスし、プレーヤーの体験を現実世界に投影しましょう。

Playable Locations API は、厳選して生成された地理的位置(プレイアブル ロケーション)のコレクションを提供します。それぞれのプレイアブル ロケーションは、位置情報ベースのゲームにおけるアイテム(修理施設や特典など)の出現ポイントとして使う場合の妥当性に基づいて選ばれています。

プレイアブル ロケーションは、歩道、公園、遊び場、広場といった公共の場所に存在している場合があります。

Radeon Graphics Profiler

GPU ハードウェアのタイミングと占有率に関する詳しい情報を利用

Radeon Graphics Profiler は、GPU のタイミングと占有率に関する詳細情報を提供する最適化ツールで、Stadia でのゲーム開発で活用できます。

Stadia パートナー ウェブサイトには、画像、非同期計算使用量、イベント タイミング、パイプライン ストール、障害、ボトルネックなど、性能低下をもたらしている要素を Radeon Graphics Profiler で分析する手順が掲載されています。

ご興味をお持ちの場合は、Stadia.dev でご利用をお申し込みください。

SDK / API

現実世界とデジタル世界をシームレスに融合し、拡張現実体験を構築する

Google と一緒に、遊びやショッピング、学習、創造、そして世界を体験する方法を大きく変えていきましょう。

さまざまな API を活用することで、スマートフォンを通して、環境を知覚し、世界を理解し、情報交換を行うことができます。API のなかには、Android と iOS で共通する AR 体験を構築することができるものもあります。

ARCore を使えば、モーション トラッキング、環境把握、光源推定などの重要な機能を通じて、スマートフォンを通して見ることができる現実世界と仮想コンテンツを統合することができます。その結果、まったく新しい AR 体験を構築したり、既存のアプリの機能を AR で強化したりすることができます。

Visual Studio

Stadia が組み込まれた開発環境

Stadia プロジェクトの構築とデバッグに使われる Visual Studio には Stadia SDK が組み込まれています。Visual Studio は統合型開発環境(IDE)です。

Visual Studio は 36 種類の組み込み言語に対応しています。また、言語固有のサービスが存在すれば、ほとんどすべてのプログラミング言語を利用できます。他の言語については、プラグインを通じてサポートされます。

このプラットフォームは拡張性が極めて高く、マクロや Visual Studio アドイン、Visual Studio パッケージを使って、デベロッパーのニーズに合わせてカスタマイズできます。

ご興味をお持ちの場合は、Stadia.dev でご利用をお申し込みください。

Asset system

すぐに使える機能で、何千ものアセットを容易に管理

Stadia Asset System は、既存のストレージ ソリューションにデベロッパー向け Stadia DevKits をリンクする機能セットです。 

クラウドベースのサービスを通じて、制作チームのプログラマーやアーティストなどが開発サイクルで日々交換、共有、配布する大量のファイルを、デベロッパーが簡単に管理できるようになります。

重要な機能は、開発スタジオ内の既存のリポジトリに接続することですぐに使えるだけでなく、クラウド サービスとの統合を通じてさらに強化されます。

Globe との連携をテスト

クリック&ドラッグで操作